30代から前頭部より薄毛が進行し、ハゲ隠しパウダー「スーパーミリオン」で誤魔化す日々

私は専門学校で教員をしているものです。54歳男性、2児の父です。日ごろ学生の前で授業をしているので、頭髪についてはかなり気になる部分ですので、日々隠すために結構気をつかっています。

多くの学生は気づきながらも知らない振りをしている感じです。20代の頃は髪もフサフサでまさか自分がハゲ頭になるなど想像もしませんでした。

ところが30代大学院に通い始めると、アカデミックハラスメントにさらされるなどの出来事があり、それを契機に徐々に頭の前方からうすくなり始めました。

当初は何もしなくてもカムフラージュできたのですが、40代に前方から範囲が広がってハゲ隠しパウダー(スーパーミリオン)をつかって誤魔化さないといけない状況にまでなりました。

今は育毛剤でかろうじて維持していますが、出口のみえない日々にあせりもあります。

薄毛の状況

薄毛
(54歳現在の状況です)

写真にもあるようにかなりうすくなっており。パウダー(ミリオンヘア)なしには外に出られない状況です。昔は前方だけだったのですが、だんだん上方、後方、左右にまで侵食してきました。

蘭夢という育毛剤でかろうじて維持していますが、増毛にはまだつながっていません。

最近みたテレビでの情報で、シャンプーの仕方、ゆすぎ方、乾かし方などに大きな問題があるとの話を聞いてそれも実践しています。最近は現状維持というところです。

ハゲで腹がたったこと、悔しい思いをしたことなど

パウダーをかけてカムフラージュして出勤しているのですが、そのラインが不自然になることがあり、そんな日に限って、職場の女性職員が「今日なんか頭が・・」といってジロジロみられることがあり、大変不愉快な思いをします。

わたしは無視して意に介さないような振りをしていますが、内心はかなり傷つきます。

学生からも視線が明らかに頭にいっている時は、悔しいやら恥ずかしいやら、大変困ります。

また、海外出張したときに、スーパーミリオンを部屋に忘れ、次の宿泊先でそのことに気づき、何もしない状態で訪問先にいったのですが、自分がかなり気になってしまって、重要な交渉がいまひとつ円滑にすすまなかったこともあります。

こういうものに頼っていると、常に薄毛を隠すものが必携となり、雨が降ったり、風が吹いたりしたときに少しでも薄毛がみえる状態になることに恐怖を感じながらすごさなければなりません。単に不便というよりも、生活自体が窮屈なものになっています。

もちろん開き直って何もしないという選択肢もあるのでしょうが、いままで隠してきただけに、みんなの驚いた顔を想像すると、怖くて踏み出せません。一度アデランスも視野に考えてみたことがあって、お試し期間にいってみたことがありますが、ここで問題になったのは金額でした。

年収580万円程度だけで息子二人を県外の私立大学に送り出し、毎年300万円の支出をかかえている私としてはお金の問題で可能性がないということは実に悔しいことでした。

薄毛で悩んでいる人へアドバイス

実は最近脱毛の状態から徐々に増え初めてきました。その体験をふまえて薄毛対策に必要だと思われる内容を紹介します。

①洗髪とケア

まず前提として日々の洗髪と乾燥が重要です。結局頭皮に脂分が残っていたり、不潔であれば、どんな育毛剤も意味をなしません。シャンプー前にまずお湯でしっかりと汚れをおとします。次に薄毛対策用のシャンプーをつかって丁寧にあらいます。

この時、つめ先で掻いたり強くタッチすることはNGです。指先でソフトタッチでじっくりと耳元から上のほうにゆっくりと指の先端のやわらかい部分で小さい円を描きながら、シャンプーをしっかりあわ立てていきます。

ここでやめずにしばらくマッサージするようにソフトタッチでシャンプーをしていきます。目安は8分です。その次がまた大事なポイントですが、すすぎにはシャンプーの2倍の時間をかけるべきだということなので、本当は20分かけるべきなのでしょうが、さすがにこれを続けるのは忍耐力がいりますので、私は10分くらいで終わらせています。

この時のお湯の温度は40度くらいがいいと思います。シャワーが終わった後、タオルでふいたあと、育毛剤をして自然乾燥する方がいるみたいですが、それはNGです。ちゃんとドライヤーで乾燥させましょう。

最初は温風です。髪との距離は30センチを目処に維持しましょう。全体的に乾いてきたら、育毛剤をしっかりなじませてこれもソフトタッチで耳上の部分からマッサージします。ここでドライヤーをつかうと育毛剤が蒸発してしまうかと心配になりますが、やり方を工夫しましょう。まず温風で25センチくらい話して薄毛部分に直接あたらないように髪をなびかせましょう。

次に冷風で乾かします。ここで冷風にするのは髪を痛んだ状態で放置しないためです。このケアを毎晩しっかりして朝も同じように清潔に保ちます。この繰り返しでかなり改善されます。

②育毛剤

市販で売られているものをインターネット検索で検証しましょう。検証は「口コミ 育毛剤の名前」でするといいです。

5例以上をしっかりと確認して、ある程度効果が検証されているものをお試しでつかってみましょう。

ケアの仕方までしっかりと記載してあるものが良いと思います。ケアの仕方やアフターケアが不十分なものは避けたほうがいいです。単価もポイントです。効果抜群ということがわかっても自分の年収につりあわないものであった場合は避けたほうがいいです。

なぜならば持続しなければ、まったく意味をなさないからです。私の場合はウイッグに期待しましたが、その維持には大変な出費が必要だということがわかり、回避しました。いまは同じ育毛剤を5年使い、やっと効果があらわれてきています(写真ではわからないでしょうが、以前より改善しています)。

③ストレス対策

私の薄毛のきっかけがアカデミックハラスメントであったように、ストレスは薄毛に大いに関係があると思います。気持ちの持ち方は薄毛の進行を遅らせ、改善につながるキーになります。単にポジティブシンキングといっても難しい人が多いと思います。

なので以下のことを意識してみてください。うまくいきます。まず職場のストレスについては嫌なことなどにぶち当たらないように環境を調整しましょう。それが難しい場合は柳に変身しましょう。

何かというと、現実はどこまでも自分の解釈の延長線上のものですから、現実におきたことを客観視して自分の心をふわっと空中に浮かせてしまうことです。その思考法ができると「あ、またやられてるなあ」と第3者的に感じることが可能です。

すべてが参考にはならないかもしれませんが、もしひっかかるものがあれば実践してみてください。

AGAクリニックは検討しなかったのか?(補足)

当時、AGAクリニックはあまりメジャーではなく、アデランスかリーブ21がという状況でした。

ですので、AGAクリニックは考えていませんでした。

私も「20代からのAGA治療ブログ」や「若ハゲ番長」のように30代前半からでもAGAクリニックに行っておけば・・・人生もかわったかも・・・

また、アデランスは費用的にはウイッグで年間80万円程度だったと思います。とてもできないと思いました。リーブ21も同じくらいだということがネット情報でわかり、あえていっていません。以上です。

⇒AGAクリニックおすすめはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました